banner

毛穴の黒ずみの予防や対策と仕組み

鼻の頭や小鼻に出来てしまって憂鬱な気分にさせるのが、毛穴の黒ずみですよね。 この毛穴の黒ずみの予防や対策をするには、どうしてこのような黒ずみができてしまうか仕組みを知っておく必要があります。 毛穴からは常に皮脂が分泌されていますが、毛穴の上の角質が固くなることにより、その皮脂がうまく外に排出されないことが、毛穴の黒ずみの原因です。

この皮脂が角質に邪魔されて外に出ることができずに毛穴をひろげてしまい、さらにたまった皮脂が酸化して黒くなります。 これが毛穴の黒ずみとなって見えるのですね。 この酸化した皮脂が、毛穴の炎症をおこして深刻なニキビに発展することもあり、この時点では黒ニキビとも呼ばれています。

いくらこの古くなった皮脂や角栓を取り除いても、毛穴が開いたままではまた皮脂がたまり黒ずみとなってしまうため、根本的な対策はいかに毛穴を開かせないかになってきます。 自分で爪などで毛穴の黒ずみを押し出したりしても、毛穴を余計に開かせるばかりか、雑菌が入って炎症をおこす可能性があるため、絶対にやってはいけません。 時間はかかりますが、ゆっくりと毛穴や角質を柔らかくし、毛穴を小さく、また皮脂がスムーズに外に排出される環境をつくってあげる必要があります。

コンテンツの続きはコチラ

毛穴トラブルには種類がある

詳しく見る

鼻や額の毛穴ケア

詳しく見る

敏感肌の毛穴ケア

詳しく見る

Copyright(c) 毛穴の黒ずみの予防や対策と仕組み. All Rights Reserved.