この世を分かるために色眼鏡をはずしましょう

他人は大衆をしるために自分の過去や見聞を物差しにして考えがちだ。
たとえばお客様のことをさっぱり頭に入れずに自分勝手な本音ばっかりを出して事象を運ぶとかだ。
自分の見聞や感覚を上手に話せずに気がついたら適当な言葉だけを並べて世界を語っていたということがあります。
そういった品種の他人は在宅に居てTVを見たらいくらか影響を受けていたり何かしらの政治論をとりどり頭にいれこんで要るケー。
果たして恐ろしいのは自分が大衆知らずになっているのに気がつかないで「うわさ」を実行することです。
頭の中が決定的政治教えで固まっているのに気がつかないで世の中に声を出したり自分の陳述を上げようとする他人がいます。
ひとつのことに集中して掛かるについてで確かに理解できるワードがあります。
ほんとに自分が何を言っているのか何を目的に世の中に出ようとしたのかという考え方が「政治教え」のオリジナルだ。
これは本人は気がつかないだけで政治教えを深く有する他人や自分の毎日意識を「宗教系」に束ねる他人におけるオリジナルだ。
政治教えがほんとに正しいのかどうかは「第三者」が指摘する以外にありません。
世界を知る=大衆を分かる手法は「仕事をしてはたらく」のが基本になります。
最速言えば働いて生活することが世界をわかる手前の初心ではないでしょうか。
まさに世界を知ろうとして「TV」や「PC」とか「新聞紙」を読み込んで覚えようとする他人がいますが「全員色眼鏡」だ。
実際には知ったことにはなりません。
それは決定的間違いで決定的狂いとして頭の中に付着しますから辞めましょう。
素直に外に出て働いて世の中の風にあてはまる以外に手法はありません。http://www.teenpussy-tube.net/

この世を分かるために色眼鏡をはずしましょう